2014年06月11日

巨神ゴーグ

gorg000.jpg
(以下、写真はサムネイルクリックで拡大表示されます)

急に「巨神ゴーグ」の立体物が欲しくなり、
最近30センチくらいの、4〜5万のフィギュアが発売されたんですが
流石に高くて手が出ない〜というわけで、
アニメ放送当時発売されたプラモデルを探してみたんですが、
それも今やプレミア価格で5千円くらいになっています。

そこで放送当時発売された「リアルプロポーション・ジャイアントゴーグ」
という完成品のおもちゃがありまして、
これはプラモと同じスケール(1/100、ガンダムで言う1/144くらいのサイズ)で、
プロポーションもなかなか良い(プラモより良いんじゃないかとも言われている)
んで数年前に倉庫で大量にデッドストックが見つかったとかで
思ったほどそんなにプレミア価格になっておらず、1000〜2000円
くらいで探せば見つかりました。

今回これをいじってみようということで。

続きます

gorg001.JPG
箱から出すとこんな感じです。
確かにプロポーションは、当時(83〜84年頃)のおもちゃにしては
悪くないです。
ただ、腰ミノ(腰のサイドアーマー)が固定されているので
股関節が全く動かせず、下半身は直立以外のポーズがほぼ取れません。。


gorg002.jpg
とりあえず手始めに、首をボールジョイントにして
手首を市販の平手パーツ(コトブキヤの丸指ハンドA)に替えてみました。
首をううむけるようにするとグッと精悍な顔つきになりますし、
昔のおもちゃやプラモは手首パーツを今風にしてやるだけでかなり良くなりますね。


gorg003.jpg
パーツはビス止めだったので、外して分解してみます。
なるほど、股関節は動くようにはなっているんだけど、
やはり腰ミノが動かないせいで、関節の意味が全くなくなっています。
この辺をいじっていくしかないです。
しかし腰部分もスネ部分も、プラモのようなモナカ状じゃなく
中身が詰まったムクなパーツになっています。
これを削っていくの大変だなぁ……


gorg004.jpg
腰、モモ、ヒザ、靴…を、HGのAGE-1のプラモを使う事にしました。
そこに無理矢理ゴーグのスネを組み込んで…まーなんだかんだで
くっつけました。
フンドシと腰ミノは切って中身くりぬいて、ここにうまいこと
かぶせようという感じです。その場その場ですりあわせていきます。


gorg005.jpg

だいたいパーツが揃ったので、ビス止めだったところを接着して、
ビスの穴をエポパテで埋めて、合わせ目をアルテコで消して…という
いろいろ地味な作業をしていきます。
地味だけど大事な工程です。


d850d01a90ba755cc941e74ec121bcb2_view.jpggorg006.jpg
合わせ目消しまで終えたところ。改造前写真と並べて比べてみました。
付属の武器、180mm砲は砲身が細くてイメージと違ったので、
プラモのジャンクパーツから太い砲に変えました。


gorg007.jpg
本体塗装の前に、付属の田神悠宇フィギュア。
昔のおもちゃにしては良い造形なんですが、
デザインナイフで両足くっついてたのを切り離して股を開かせたり、
手足腰を多少細くしたり…


gorg008.jpg
んで塗装。
40歳になりいよいよ老眼になってきたので、細かい作業は大変ですが
頑張って面相筆で塗っていきます。


gorg009.jpg
全身塗装してゴーグ完成〜。
無改造の写真と並べてみました。手を入れた甲斐があったかな。

gorg010.JPGgorg011.JPG
いろんな角度から。
股が開けて靴がちゃんと接地していると直立もぐっと良くなりますね。


gorg012.JPG
180mm砲。
ゴーグ本体は3万年間もボロボロにならずにあの感じなので、
きっと自動洗浄機能とかあったりするのかなということで、
汚しは入れませんでした。
180mm砲のほうは普通の現代兵器なので(しかもゴーグがかなり雑に扱うので)
汚したり下地のシルバーが出た感じにしたりしました。


gorg013.JPG
劇中では普通に撃つよりもこれでぶん殴るほうが多かったです。


gorg014.JPG
撃つポーズも。


gorg015.JPG
でも基本は180mm砲すら使わずに、素手の格闘がメインでしたね。
岩を投げたりしていました。
でもまぁ13mくらいの巨大ロボ、それで十分な気もしますね〜。


gorg016.JPG
戦車やヘリもよく掴んで投げていました。ゴーグ怖い。


gorg017.JPG
アップ。あー塗装雑なところがバレる…


gorg018.JPG
手乗り悠宇。
このおもちゃ、胸が開くギミックもついていたんですが、立て付けがガタガタだし
肩の可動に干渉するしであんまり良くなかったのでオミットしました。


gorg019.JPG
下半身にHG AGE-1を使ってる感じがわかるかなと思います。
モモなどはほぼそのまま使ってます。
ウエストは一段増やしています。これもAGE-1のウエストパーツ。


gorg020.jpg
全部完成して写真撮った後から、
「ヒザ裏もう少し切り欠いたらもっとヒザ曲がるんじゃないか…?」
と思ってやってみたら、90度以上曲がるようになりました。
かなり無理矢理ですが立て膝もなんとか……


8945828bf711fee8e3e8c02ee13179bf_view.jpg
目に夜光塗料を塗ったので、ブラックライトを当てると少し光ります。


というわけで、巨神ゴーグでした〜。
リボルテックとかで出ればいいのに。
posted by ワカサ at 16:35| できるかな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする