2014年04月11日

人に会う

人見知りで出不精なんですが、この春はちょっといろいろ出かけました。

続きます




先月、3/22日に松岡英明さんのライブに行きました。

松岡英明さんは僕が中2か中3の頃にミニコンポを買ってもらって
音楽に興味を持ち始め、CDレンタルで借りまくってテープに録音
しまくっていた頃から聴いているアーティスト。
元々は3つ上の姉のテープ棚にあったのを聴いてみたのがきっかけ
だったかな?

まぁとにかく25年くらい聴いてきた人なのですが、
ライブにはこれまで一度も行ったことがなかったのでした。

ツイッターで繋がらせてもらい(これだけでも凄い事だ)
昨年松岡さんが活動休止中にバイトしていた日本橋の奈良まほろば館
にも1回行ってみたり(ご挨拶して「仮面ボウラー」の単行本もお渡ししました!)
そしてそんな中今回のライブ…それも今回は僕が高校生の頃聴いていたアルバム
「以心伝心」と「Kiss Kiss」の収録曲を全曲やるというライブで、
「これは行かねば」と。

容姿も歌声も25年前と変わってなくて凄いと思いました。
そしてライブを、歌う事を楽しんでいるのが表情や声から伝わってきて
あーいいもの見たなぁという気持ちに。
中学生の頃の自分に自慢したいです。

5月にはまたライブがあり、あとアルバム初期3作がリマスターされ
ブルースペックCD2で発売されるそうです。

P3230576.JPG

http://www.hideaki-matsuoka.com/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4/4に窪之内英策先生の個展「まむがや大図鑑」に行ってきました。

1c51b1778f9e32147668dad3ea2a8929_view.jpg

窪之内先生は「ツルモク独身寮」や「ワタナベ」「ショコラ」などを描かれている方で
僕は大学2年の時に初めて漫画(画用紙にペン入れ、トーン貼りまでして完成させた漫画)
を描いて、さてどこの雑誌に投稿しようか…ってところで、「ツルモク独身寮」と
「クマのプー太郎」があったからスピリッツ賞に投稿したのです。
なので心の師匠と勝手に思っておりますし、影響もかなり受けていると思います。

と言いつつも、先生のアシスタントをしていたわけでもないですし、
というかお会いした事もありませんでした。
それで初の個展が吉祥寺であるってことで、「これは行かねば」と。

1901370_620366731379443_71574083_n.jpg

モノクロもカラーもいまだ完全アナログ作業の僕にとって
先生がツイッターでアップされているマーカー絵はいつも刺激になり、勉強になり
その絵が生で見られるってんでこれは貴重な機会です。
モニター越しとも、印刷とも全然ちがう生の迫力は凄かったです。
グラデーションの末端まで神経の行き届いた繊細な感じや
ペン入れの細い陰影の斜線の1本1本まで気を抜いていない感じが
生原稿だとビシビシ伝わってきます。

10150579_620366761379440_1394643763_n.jpg

図録にサインをいただきました。
ご挨拶できて感激。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

松岡英明さんも窪之内英策さんも、僕が高校時代から見て聴いてしてきた方で
今回こうしてお会いできて、ホント、あの頃の僕に自慢したいです。
僕も頑張らねばなぁ。

人見知りで出不精(で慢性的にお金もない)なので、
どっかに出かけて人と会うっていうのをあんまりやってこなかった人間
なんですけど、やっぱり積極的に出かけていくといろいろ刺激も受けるし
出会い・繋がりが新しい何かを生む可能性になるので
時間がある時はできるだけ出かけるようにしたいと思います。

まぁ人見知りは変わらないので、自分のやれる範囲でだけど。


7c199153d159e001250bacfdb3e445b1_view.jpg

今年は原稿上げたあとにまだ桜が残っていたので、多少花見などできました。
花見と言うか、一人で自転車や電車で出かけていって見るだけですけど。

今年は西武秩父のほうとかの桜を見ました。

===============================
東京のいくつかの本屋さんに
『西向きマイルーム』のサイン色紙を飾っていただいています。
見つけてみてくださいw


posted by ワカサ at 10:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする