2013年06月19日

あまキューピー

amaqp07.JPG
(以下、サムネイルクリックで画像が拡大表示されます)

さきほどあまちゃんの絵の記事を書きましたが、
絵を描く以外にフィギュア作りの趣味もあるので、
せっかくなのであまちゃんキューピーを作ってみたのでした。じぇじぇじぇっ!
潮騒のメモリーズキューピー。

続きます

キューピー人形の改造はこれまでもよくやっていて、
以前ブログにアップした「まんべくんキューピー」のところでも書いたんですが
今回もまぁ基本同じような作り方です。

amaqp01.jpg
キューピーはいつも通り5cmサイズ。首と手が動くタイプです。1個50〜80円くらい。
髪や服は木工エポキシパテで作ります。
ホームセンターなどで売っています。(600〜700円くらい)
木工用のやつが、こね易く、造形しやすく、硬化が速く、固まったあともサクサク削れるので
気に入っています。 でも好みの問題で、人によって使い易いパテは違うかもしれません。


amaqp02.jpg
パテを盛って髪を制作。粘土工作のように指でだいたいの造形をして、
固まったら耐水ペーパー(#180〜#400くらい)で表面を整え、
デザインナイフで切れ込みを入れて前髪を作ったり。


amaqp03.jpg
スカートやリボンもパテで。
デザインナイフでスカートのヒラヒラをそれっぽく。
しかし顔は同じキューピーなのに、髪とかでなんとなくアキはアキっぽく、
ユイはユイっぽく見える不思議。
アキはまぁ、赤ちゃんみたいな顔をしているので、
キューピーにも似ているのでしょうね。
服の襟の「あたり」を鉛筆で書き込んでだいたいの位置を決めます。
二人とも心なしか嬉しそう。


amaqp04.jpg
襟や帯や肩を瞬間接着パテで。
瞬間接着パテというのは、んー、瞬間接着剤に白い粉を混ぜて、
接着剤のような、パテのような…な感じにして使うものです。
アマゾンなどで「Mr.SSP (瞬間接着パテ) MJ200」で検索してください。
100均の瞬間接着剤とベビーパウダー(もしくは煙草の灰)などでも
代用できるという説も。

腰のリボンは木工エポキシパテを薄い板状にしたのから切り抜いて。
あとはユイの帽子を作ればパーツ揃うかな。。


amaqp05.jpg
ユイの帽子はプラモのジャンクパーツ(何かのバーニアノズル)を芯にしました。
全部パテで作るより、使えそうな素材はどんどん使うといろいろ楽になったりします。
100均とか素材の宝庫ですね。

さて、これであとは色塗るだけかな。腰のリボンは塗り分けの都合で塗ってから接着します。
表面を耐水ペーパー(#400〜#1000くらい)を念入りにかけて、
できるだけパテで作った部分の表面をきれいにします。


amaqp06.jpg
色がだいぶついた。
普通のプラカラー(GSIクレオスのMr.COLOR)を筆塗りです。
サーフェイサーなども吹かずに直塗りです。めんどくさいので。
でもそのぶん、ペーパーがけは念入りにやっておかないとならないですけどね。

あとは細かい所を塗ったり修正したり。


amaqp08a.jpg
そんなこんなで完成〜。
服の模様は少し迷ったけど紅白ドットに。
「北の海女」は赤マッキーで書いています。
ダサかわいいという感じの衣装デザインですが、
作ってみるとユイ(青いほう)の色合いとかよく考えられているなと。

アキの左腕には青いミサンガが。


amaqp09.JPG
うしろ姿。かわいい。


amaqp10a.jpg
ユイのほうは髪のせいでこれ以上腕が上がりませんw
瞳のハイライトが、アキはまんまるおめめなので
ハイライトも丸く、ユイは少し物憂げな感じを出したくて
ハイライトも逆三角形(ハート?)にしています。


amaqp11.JPG
潮騒のメモリー踊りポーズ。
まわりの透明な石は100均で買った「インテリアクリスタルストーン」というやつです。
鉢植えや水槽などに使うやつかな。


amaqp12.JPG
こんな感じで、趣味で自分の漫画のキャラや、
好きなアニメやゲームのキャラクターをキューピー改造で作っています。
若狭家ちっちゃいものクラブも会員が増えてきた。
posted by ワカサ at 10:45| できるかな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする