2010年09月20日

帯のアイツ

honya00.jpg
(クリックで拡大表示)

こんにちは、若狭です。
『本屋さんにききました。』発売中です。

帯のアレは、ハンズなどに売っている発泡スチロールの玉を芯に、紙粘土を盛って作っています。
僕若狭が自分で作ってるんですよ。
僕の工作記録に関しては、このブログの「できるかな」カテゴリなどを
見て頂ければ…

僕は普段はフィギュア作りなどでは木工エポキシパテを使うんですが、
今回は大きいのでコストが安い紙粘土にしました。 でもなかなか乾燥せず苦労。

続きます


honya.jpg
紙粘土が乾燥したら耐水フィニッシングペーパーで表面を滑らかにして、んで組み立て。
マイクやカメラは木工エポパテで制作。頭上の本は大学ノートを小さく切って作りました。大きさはアジシオくらいです。


nendo01.jpg
そして完成。ショルダーバッグはプラ板で作ってます。マイクのコードはバッグの中に繋がってます。
自立しないのでスタンドが肛門に刺さっています。


nendo03.jpg
バックショット。見えないところも結構手抜きなくちゃんと作ってるんですよ。ノーギャラで。


nendo06.jpg
頭上の本もちゃんと漫画っぽくなってます。セリフまでは描いてないですけどね〜。


nendo07.jpg
という感じで、「帯のアイツ」制作解説でしたー。


nendo12.jpg
あ、あとうしろの長谷川さんのPOPの横にいる小さいのも、前に僕が紙ねんどで作ったものです。全員集合。
posted by ワカサ at 13:52| できるかな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする